家づくり

新築戸建て住宅でこだわったポイントは?子育て世帯は見逃さないでね

2018年2月4日

2017年に完成した、こだわりの注文住宅。

過ごすほど、心地いい家を実感しています。

転居してから、会う人に良く言われるのは「子どもたちが安定してきたね^^」ということ。

生活環境の大事さを教えられます。

家づくりしていくなかで、特に「子ども目線」にこだわった箇所をご紹介したいと思います。

建築途中でも、間に合うかも?

スポンサーリンク

新築一戸建てで気をつけたい内装ポイント

家を建ててる途中から、気づいて変更してもらった箇所が何か所かあります。

建築工事が進み、よりイメージが掴みやすくなった途中からでも、変更できるのが注文住宅の良さでもあります。

これは建て売り住宅ではなかなか難しいんじゃないかな?という箇所。

まずは、画像をご覧ください。

階段上がったところや・・・

 

トイレ入口・・・

 

natsu
さて、お気づきでしょうか?

 

 

正解は、こちらの画像をご覧ください。

モデルは、身長100センチの当時4歳の末っ子。

階段上り口

 

どうです?

もう、おわかりですね。

natsu
そう!電気のスイッチの箇所!

小さなお子さんがいる家庭なら、よくある場面。

トイレ行く度に「電気つけて~」とせがまれます。

ちょっと手が離せない時に、少しでもタイミング逃して、(ノ∀`)アチャーなコトになった経験も一度ならず…

電源スイッチを手の届く様に工夫されてるグッズも売ってはいます。

でも、せっかくなら建築中に手の届く位置につけてもらうとスマートですよね。

スポンサーリンク

新築戸建て住宅のこだわりポイント、室内のスイッチの高さは何センチ?

建築工事中にも関わらず、いきなりな変更に快く応じてくれた工務店さんに感謝!

どうせなら家中の電気のスイッチをお子様仕様にしちゃえ!

ってことで、室内のスイッチを全部約90センチくらいの高さに調整していただきました。

お風呂とか、洗面所とか、各部屋の電気のスイッチ全てです。

小さなお子さんから、腰の曲がったご高齢者まで、手の届きやすいスイッチとなりました。

小さなお友達が遊びに来ても困りませんよう~^^

90センチなら、立って歩けるお子さんにも高過ぎず、大きな大人でも低すぎず、ちょうどいい高さになりました。

電源スイッチを低くしたデメリット

トイレ中に、電気を消されるといういたずらには我慢ですが(´・ω・`)

トイレには明り取りの小窓は必須ですねw

でもでも、それ以上に、便利です!!

お家をこれから建てようかとご検討中のご家庭や、既に建築中のご家庭も、ぜひ取り入れていただきたいです。

スポンサーリンク

まとめ

新築戸建て住宅でこだわったのは、オシャレな内装よりも、こども目線の電源スイッチでした。

ちょっと低くするだけで、随分と楽になりますよ。

これから家を建てるかたの参考になれば嬉しいです。

 

育児中のご家庭へ、注文住宅のこだわりポイントについては、こちらの記事でも書いています。

>>吹き抜けリビングの寒さ対策と安全対策に工夫したこと

 

ランキングに参加しています

ポチっと押してもらえる嬉しいです^^

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

よく読まれています



  • この記事を書いた人

natsu

夫と子ども3人(幼稚園、小学生)、実母、猫と暮らしている40代後半主婦の『natsu』です。 小さな診療所で、医療事務パートに勤しんでます。 詳しいプロフィールはこちらから

-家づくり
-

© 2022 週刊サザエのつぶやき