最近のコメント

    吹き抜けリビングの寒さ対策と安全対策に工夫したこと

    シェアする

    憧れのリビングに吹き抜けのあるお家。

    吹き抜けの上には、大きな明かり取りの窓をつけてもらいました。

    気になるのは、寒さと、子どもたちが転落しないかの安全面です。

    この2点について、我が家の工夫した点をご紹介します。

    スポンサーリンク
    リンク広告

    注文住宅のリビング吹き抜けのメリット、デメリット

    2階フリースペースのすぐ横に1mほどの高さの絵本棚があるのですが、その向こうが吹き抜けになっております。

    1階リビングから声が抜ける感じになっています。
    1階に居ても、2階に居ても、子どもたちの声が聞こえて、お互いの存在がわかりやすいのが吹き抜けのいいところでもあります。

    寒さ暑さ対策は、高気密高断熱とシーリングファンにお任せ

    また、室内の空気も循環させることで、高気密高断熱のお家ならではの空調が保たれる感じがします。

    何より解放感がいい感じです。

    が、しかし。
    メリットだけではありません。

    子育て世代は、吹き抜けの安全対策は必須

    絵本棚に身を乗り出せば、一階が覗けます。
    上から見たら楽しいですよね?大人でも、ついつい覗いちゃいます。
    ましてや、子どもだったら、絶対と言ってもいいくらい覗きたくなりますよね。

    でも、子どもって、頭重いじゃないですか?
    勢いあまって落ちるんじゃないかと、ヒヤヒヤします。

    私、小心者の怖がりなんですっ(小心者で怖がりじゃない人っていないか?w)
    そんなんで、子どものお友達も吹き抜けの安全対策できるまでは呼ばないでと約束してきました。

    基本、絵本棚に乗り上げて一階を覗くことは、厳禁としています。
    が、よそ様のお子様たちまで管理しきれない。

    以前、お友達の家で遊んでいて、ロフトの階段から落ちるお友達がいました。
    嘔吐しちゃって、慌てて救急病院へ駈け込んでましたが、大事には至りませんでした。

    でも、あの時の心臓飛び出そうな瞬間を目の当たりにしたので、
    我が家の安全対策は、出来る限り安全にしたうえで、お友達に遊びに来てもらいたいなぁと思いました。

    我が家も小さいロフトがありますが、階段は上げたままで降ろしていません。
    子どもだけの上げ下ろしができないように、引き下げる棒は隠しています。

    吹き抜けの見栄えは悪くなっちゃったけど、安全第一で。
    ネットをネットで取り寄せてw
    工務店さんに、サクっと取り付けていただきました。

    下から見上げた感じ

    もう一つの不安要素がベランダなんですが。。。

    京都の風致規制はエゲツナインデス( ;∀;)

    市の風致確認で、軒の長さが短いことが引っかかって通らず。。。
    後付けの予定のベランダ工事が遅れています。。。

    2階ベランダは、風致規制に引っかかるので風致確認が終わってからコソっとつけるのがデフォなんです。

    それにしても、道路に面していない、隣家側の軒の長さが引っかかるとは!
    工務店さんも大誤算のようで、これから京都市と交渉だそう。

    2階のベランダができないと、クーラーの室外機が設置できず(これも、道路側から見えるとアウト)
    2階の子ども部屋のクーラーが取り付けられませんっ。
    梅雨が明けて猛暑がやってくるまでに、風致確認が無事に通りますようにっ

    スポンサーリンク
    リンク広告