注文住宅

吹き抜けリビングの寒さ対策と安全対策に工夫したこと

投稿日:2017年6月9日 更新日:

憧れのリビングに吹き抜けのあるお家。

吹き抜けの上には、大きな明かり取りの窓をつけてもらいました。

気になるのは、冬の寒さと、子どもたちが転落しないかの安全面です。

この2点について、我が家の工夫した点をご紹介します。

スポンサーリンク

リビング吹き抜けのメリット

吹き抜けといえば、冬は寒いんじゃないか?

夏は、2階に熱気が全部上がって余計に暑くなるんじゃない?

と、デメリットが気になるところですが。

我が家の場合、全くのデメリットに感じることは、ありません!

 

吹き抜けの寒さ暑さ対策は、シーリングファンにお任せ

室内の空気を循環させることで、高気密高断熱のお家ならではの空調が保たれる感じがします。

1階のエアコン一台でも、結構涼しく生活できました(2017年9月)

 

何より開放感がいい感じです。

が、しかし。
この、開放感がデメリットとなるのです・・・

吹き抜けのデメリット!子育て世代は、安全対策必須です

 

絵本棚に身を乗り出せば、一階が覗けます。
上から見たら楽しいですよね?大人でも、ついつい覗いちゃいます。
ましてや、子どもだったら、絶対と言ってもいいくらい覗きたくなりますよね。

でも、子どもって、頭重いじゃないですか?
勢いあまって落ちるんじゃないかと、ヒヤヒヤします。

私、小心者の怖がりなんですっ(小心者で怖がりじゃない人っていないか?w)
そんなんで、子どものお友達も吹き抜けの安全対策できるまでは呼ばないでと約束してきました。

基本、絵本棚に乗り上げて一階を覗くことは、厳禁としています。
が、よそ様のお子様たちまで管理しきれない。

ロフトの階段から子どもが落下

以前、お友達の家で遊んでいて、ロフトの階段から落ちたお友達がいました。
嘔吐しちゃって、慌てて救急病院へ駈け込んでましたが、大事には至りませんでした(;'∀')

でも、あの時の心臓飛び出そうな瞬間を目の当たりにしたので、
我が家の安全対策は、出来る限り安全にしたうえで、お友達に遊びに来てもらいたいなぁと思いました。

我が家も小さいロフトがありますが、階段は上げたままで降ろしていません。
子どもだけの上げ下ろしができないように、引き下げる棒は隠しています。

吹き抜けの転落防止ネット取り付けた画像

吹き抜けの見栄えは悪くなっちゃったけど、安全第一で。
ネットをネットで取り寄せてw
工務店さんに、サクっと取り付けていただきました。

下から見上げた感じ

ネットで急いで取り寄せた安全ネットをご紹介させていただきます。
必要なサイズを選択するようになっています。

我が家のネットは、楽天で購入しました。

200センチほどで1万円弱でした。

 

まとめ

吹き抜けのメリット・デメリットについて思いのままに挙げてみました。

育児中だからこその目線で、安全第一な快適な住みやすさを追求していきたいと思います。

 

家自慢については、姉妹ブログ「アラフィフ夫婦、家を建てる」で展開中です^^

 

ランキングに参加しています

ランキングに参加してます

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

natsu

夫と子ども3人(幼稚園、小学生)、実母、猫と暮らしている40代後半主婦の『natsu』です。 小さな診療所で、医療事務パートに勤しんでます。 詳しいプロフィールはこちらから

-注文住宅
-

Copyright© サザエのつぶやき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.