最近のコメント

    卒園式

    シェアする

    今週、幼稚園の卒園式がありました。
    長女が、ついに卒園です。
    InkedDSC_2261_LI.jpg

    プレ保育の2歳の時から、約3年半通った幼稚園。
    2年前の長男の卒園式では、初めてのこともあり涙、涙でしたが、
    正直、真ん中だしw
    まだ末っ子も控えてるし、泣くことは無いかな?と
    思っていましたが。
    なんの、なんの。
    こみ上げるモノがありました。
    まず、園児入場で既に号泣の先生がチラホラ。
    そして、入場する子たちの堂々たる行進に、感動。
    ちゃんと、間隔をとって入場し、角をピシっと曲がるの。
    練習したんだろうけど、いつになく緊張した表情で歩く姿に目頭が熱くなりました。
    一番の涙腺崩壊シーンは、在園時の代表による贈る歌のプレゼント。
    小さな年少、年中の子たちの幼い可愛らしい歌声と、
    それに応えて、歌う年長の子たち。
    こんなに小さかった子たちが、大きく成長したんだなぁというのを
    歌声で実感した瞬間、涙腺ドバーっ[もうやだ~(悲しい顔)]
    子どもの歌声は、ほんまにヤバいです。
    まだまだ赤ちゃんだった子どもが、初めての社会生活を過ごした幼稚園。
    入園当初から、お兄ちゃんが通っていたので、
    登園しぶりすることもなく、楽しく通うことができました。
    つい最近、入園したと思ったら、もう卒園か…
    卒園した当の本人は、というと。
    前日の夜は、「明日が楽しみ~♪」
    と、卒園する意味がわかってるのか、わかってないのか。
    ウキウキしていました(^^;)
    が、当日。
    担任の先生が泣いています。
    初めて見る大好きな先生の涙に、「卒園」する意味がわかったようです。
    式の途中で泣きそうになっていました。
    帰りの園庭では、先生方が花道をつくって見送っていただきました。
    そして、家に帰ってから、、、
    大好きだった先生とのお別れが悲しくなって、一人泣いていました。
    そうやって、別れの意味を理解し、涙を流すことで、長女の成長を感じることができました。
    幼稚園の制服を着ることは、もう無いのですが、
    末っ子が、4月には入園となります。
    また、大好きな先生に会いに行けますよ~
    こんな風に悲しい思いをしても、子どもって、結構忘れるらしいですw
    小学校にいって、新しい友達ができ、そうやって新しい環境に移行するにつれ、
    あんなに楽しかった幼稚園の思い出、先生たちのことって、
    記憶の宝箱にしまわれていくようです。
    幼稚園の先生たちも、そんなことはお見通しのようで、
    だからこそ、今生の別れのように涙をいっぱい流されるのかなぁ?と思ったり。
    人生の大事な大事な根っこの部分に、いっぱい栄養をいただいた幼稚園生活。
    私よりも随分お若い先生たちでしたが、一生懸命に子どもと関わっていただいたことに感謝しかないです。
    子どもにとって、大好きな幼稚園。大好きな先生たち。
    いつの日か、写真や動画を観ながら思い出話ができる日を楽しみにしています。
    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    スポンサーリンク
    リンク広告