雑談

ついに、我が家にヤツラがやってきた!!夏祭りのお楽しみは、高くついた話【日記】

投稿日:2016年6月6日 更新日:

子どもが産まれてから、
毎年、夏祭りとかで避けてきたコーナーがあります。

  • 「金魚すくい」
  • 「カメ釣り」
  • 「ヒヨコ釣り」

はい。生き物系全般。

すくったり、釣ったりする時は楽しいのだろうけど、そのあとどうするのですか?って話。

なのに!

先週末。

川で「金魚手掴み大会」なるイベントに、子ども達に地域の方から召集がかかり、、、

バケツも持たせずに行ったのにも関わらず、いただきもののペットボトルにご丁寧に捕獲して帰ってきました(涙)

金魚すくい禁止の理由1:我が家には、先住猫がいるんだよ

うちには、年老いた猫が1ニャン住んでます。
もうだいぶ、おばあちゃん猫だけど、まだ猫としての本能は衰えてないはず。

金魚さんとか、格好の獲物じゃないですか。

昼間、ほとんど留守になる我が家。

悲惨な状況が目に浮かびます・・・。

飼いネコだし、意外と共存するんじゃないかという意見もあります。

が、しかし。

2年ほど前に、旦那が保護したツバメの雛を、うっかり目を離した隙に、にゃんこの餌食になってたことがありました。

さすがに、食べはしなかったのですが、

「ちょっと遊んでみたら、動かなくなったんだよ」byにゃんこ
(本来は巣から落ちたツバメの雛は、野鳥なので勝手に保護しちゃうとダメなんですけど)

金魚すくい禁止の理由2:メンテナンスは誰がするんですか?

あと、飼うとなると水槽とか、誰が手入れするんですか?っていう。

natsu
子どもの頃、何回か飼ったことあるけど、ほとんど世話が続かなかったヒトです

水換えたり、水温気にしたり、お亡くなりになった金魚をお墓に埋めるとか・・・

絶対に、触りたくない~~~~

金魚すくい禁止の理由は無かったことになりました

そんなんで、自己責任で飼えるようになるまでは、絶対NGだったのが金魚すくいだったのですが。

子どもたちにはキャッチ&リリース、意味がわからなかったようです。

ペットボトルには、ギューギュー詰めの黒デメキンちゃん4匹と、赤い金魚さん5匹。

急いでバケツに移してあげましたが、、、

「どうしたもんじゃろなー」byトト姉ちゃん、ですよ。

子どもらは、すっかり飼う気満々。

イベントに参加した時点で、半分あきらめてたんですけどね(´・ω・`)

子どもらの収穫(?)を喜んだ旦那(結構、生き物好きのようです)

早速、ホームセンターで水槽やら、ブクブクやら、エサやら飼育セットを一式そろえてきました。
そして、猫さんの手の届かないところということで、内扉外の玄関に水槽を設置すべく、コンセントの設置工事までやっちゃいました。

半日仕事です。

ついに、我が家にアクアリウムがーーーー!!!!(かなりショボイですがw)
IMAG3063.jpg

子どもらは、場所を争って水槽にへばりつき、金魚をひたすら観察。

無料の金魚つかみイベントで、結構な出費となりました・・・

子どもらのキラキラした目を見てると、これはこれで良かったかなと(;'∀')

いつの日か、こんな日が来るとは思ってたのだけど。
さてさて、どこまで大きく成長させられるのか。
水槽の掃除や、メンテナンスは旦那がやってくれるという約束なので、温かく見守りたいと思います

これを機に、生き物系がどんどん増えていきそうな予感。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

ランキングに参加しています

ランキングに参加してます

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

natsu

夫と子ども3人(幼稚園、小学生)、実母、猫と暮らしている40代後半主婦の『natsu』です。 小さな診療所で、医療事務パートに勤しんでます。 詳しいプロフィールはこちらから

-雑談
-, ,

Copyright© サザエのつぶやき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.