最近のコメント

    年長の長女のお泊り保育

    シェアする

    幼稚園の一大イベント、お泊り保育から長女が元気に帰ってきました。
    たくさんのドングリのお土産と共に[わーい(嬉しい顔)]

    先週、急な発熱でヒヤヒヤしましたが、一晩で回復し無事にお泊り保育に旅立っていきました。
    お泊り保育は、少し遠方に行くのですが、集合場所で行くのを嫌がり泣き出す子がチラホラ。

    長男の時は、みんなあっさりと出発したので、少し驚きました。
    学年ごとに、雰囲気は違うもんだなぁと。
    長女と同じクラスの女の子は、号泣しながらもお母さんを振り返ることなく、前を向いて並んでいました。
    そのいじらしい姿に、貰い泣きの母たち数名。

    また、ある男の子は直前に「オシッコ!」と、言って逃げようとしたところを先生にホールドされて、そのまま出発[あせあせ(飛び散る汗)]

    うちの子は、、、というと。
    前日の夜、テンションがあがりすぎてオモチャを散らかしまくり、なかなか片付けません。
    あんまり頭に来たので「もう、お泊り保育に連れてってあげへん!キャンセルやー![むかっ(怒り)]」と怒ってしまいました。
    そしたら、号泣。
    泣きながら、必死で片づけてました。

    それほど、楽しみにしていたお泊り保育。
    送って行った時も、あっさりバイバイしていきました。
    1泊して、迎えにいってみると。。。
    顔を見た途端、抱きついてきました[ダッシュ(走り出すさま)]

    ギュウうううううっと、私もお帰りのハグ。
    末っ子も一緒に、ぎゅううううううう。
    長女が留守の間は、いつも触ると怒られるイヤリングや、リップクリームを使いまくっていた末っ子。

    時々、心配してか「〇〇ちゃん、泣いてるかなぁ?」と思いやっていたり。
    そんな心配はまったくなかったようで、長女は思う存分楽しんできたようです。
    どんぐり拾いに、焼きマシュマロのオヤツ。
    キャンプファイヤー、パジャマパーティ。
    幼稚園での楽しい思い出ができたようです。

    怪我もなく、元気に帰ってきてくれて一安心。
    (引率の先生方の疲労困憊ぶりは、気の毒なほどでしたがw)
    反抗期な長女が一晩いないとかなり静かでしたが、やっぱりちょっと寂しかったです。
    家族一緒が一番だなぁとしみじみと感じた夜でした。

    そうそう。
    お土産の大量のドングリは、即冷凍庫でフリーズさせていただきました。
    虫さんがわくと困りますからね。
    今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサーリンク
    リンク広告