出産のこと

無痛分娩で事故のニュースに思うこと

更新日:

夕方のニュースで、無痛分娩の妊婦さんが出産中に意識を失い、その後、低酸素脳症でお亡くなりになられたと流れていました。
無痛分娩」と聞いて、思わず聞き入ってしまいました。
私も、3人とも無痛分娩を希望して専門のクリニックで出産しました。

無痛分娩を選択した理由

正確には、上2人は無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)ですが、末っ子は緊急帝王切開です。
緊急帝王切開ですが、硬膜外麻酔は受けてます。

無痛分娩での事故のニュースを見た、全国の無痛分娩予定の妊婦さんは、さぞかし不安に思われたんじゃないかな?
妊娠中って、結構ナーバスになりますよね。

不安な気持ちは、そのまま赤ちゃんに伝わっちゃいます。

私は、専門家ではないので、無痛分娩経験者としての感想を書かせていただきます。

まず、私が無痛分娩を希望したのは、出産に対する恐怖心が大きかったからです。

結構な、痛がりの怖がりなんです。

たまたま、独身時代に「無痛分娩」の存在を知ってから、もし結婚して出産するときは「無痛分娩」のできる産婦人科で出産しようと、心に決めていました(`・ω・´)

無痛分娩のクリニックの選び方、ポイント

そして、無事第一子の妊娠が判明した時に、色々と無痛分娩のできる産科を調べたうえで、市内にある「無痛分娩」のパイオニアと言われている個人の産科クリニックを受診しました。

最初の受診で、出産まで決める必要はありません。

受付や、待合にいる患者さんの雰囲気、診察室の中の清潔感など、自分の目で確認。
何よりも医師の診察に信頼をもてるかどうかが大事ですよね。

出産って、お母さんも、赤ちゃんも命がけの大事業です。

私が決めた産科は、出産までの9か月の検診も、出産してからのフォローも万全で安心できる産科クリニックでした。

無痛分娩についても、丁寧な説明があり、リスクについても十分な説明がありました。

無痛分娩のメリットや、体験談

 

 

私がお世話になった産科クリニックでは、単に出産時の痛みを取ることだけが目的ではなく、陣痛の段階から痛みをコントロールしていただけました。

お母さんがリラックスすることで、陣痛の波もリズムよく起き(痛みがなくても機械で計測できます)、緊張でガチガチになることを防いでくれます。

緊張でガチガチになると、赤ちゃんの通り道の産道がキューっつと収縮してしまい、結果、赤ちゃんが苦しくなっちゃいます。

必要以上の緊張をほぐし、スムーズな出産を助けることが無痛分娩の一番のメリットかな?と思います。

出産の時間もかなり短縮されます。

ただし、麻酔の管理は、かなりの技術を要するかと思います。
私がお世話になった先生は、たくさんの経験を積んでおられ、周囲の評価もかなり高い先生でした。

結構多くの女医さんが出産に選らんで来られてました。
末っ子の出産の時も、前日に出産されたのは、隣の市の救急救命の先生でした。
しかも、出産した翌日には退院されていきました。

まさに、医者の不養生、、、。
それくらい、無痛分娩は体力の消耗もほとんどなく、結構すぐに動けるようになります。

1人目の長男出産では、産道がまだ狭くて辛かったのですが、痛み自体は随分楽でした。

無痛分娩でなければ、余裕で1日苦しむところだったようです。

2人目の長女の時は、本当にリラックスしてて笑いながら出産できました。

旦那がビデオカメラを用意してたのですが、スルっと出てきて危うく間に合わないところでした。

本当に体力を使い切ることなく、我が子の産まれる瞬間を家族全員で感動いっぱい迎えることができるのも、無痛分娩のお陰だと思いました。

出産直後の赤ちゃんのお世話も、体力的には大丈夫です。 ここは、母子同室でした。

すぐ横で添い寝で、いきなりの母乳指導です(笑)

まさかの緊急帝王切開でも、無痛分娩の硬膜外麻酔のお陰で万全体制でした

2人目まで、無痛分娩で楽をさせていただいたので、3人目も楽勝だわとリラックスしてたのですが、出産直前の内診の時に、なぜかお腹に戻っていこうとしていたようで、、、

緊急帝王切開となってしまいました( ;∀;)

無痛分娩の準備で、硬膜外に麻酔が入る用意がされてたので、帝王切開に切り替わっても、万全の体制での切腹となりました。

陣痛の痛さを感じることなく、帝王切開できたのは本当に良かったです。

出産時の体力も、高齢になるにつれて悲しいかな減っていきます。

無痛分娩が増えてきている背景には、高齢出産の影響が大きいかもしれません。
でも、まだまだマイナーな出産方法です。

技術も要します

無痛分娩がもっとメジャーになり、産科の先生のレベルも上がれば、悲しい事故も無くなるだろうなと思います。

「無痛分娩」実績をしっかりと見極めて産科を選んでいただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

レクタングル大

レクタングル大

  • この記事を書いた人

natsu

夫と子ども3人(幼稚園、小学生)、実母、猫と暮らしている40代後半主婦の『natsu』です。 小さな診療所で、医療事務パートに勤しんでます。 詳しいプロフィールはこちらから

-出産のこと
-

Copyright© サザエのつぶやき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.