最近のコメント

    任天堂スイッチが欲しいそうです、サンタさん。

    シェアする

    小学2年生の長男が、最近やたらと
    任天堂スイッチを欲しがっています。
    「高いし、無理っ!」と返すと(この返しはアカンと思う[たらーっ(汗)]
    「サンタさんに頼むねん」とのこと。


    そもそも、我が家にはTVゲームはありません。
    いや、正確には昔のプレステが押し入れで眠っています。
    子どもには、電子おもちゃで出来る限り遊ばせたくなく。
    レゴとか、パズルとか、プラレールとか、アナログな世界で遊んで欲しいと思ってきました。
    TVゲームにも、良い面はあると思うのだけど、
    それ以上にデメリットを感じてしまっています。
    幸い、うちのお父さんはゲームに興味のない、昭和アナログ人間なので
    ゲーム機器が我が家にないことが、かなりの救いになってきました。
    子どもがゲームにハマってる家庭って、たいていがお父さんがゲーマーだったりします。
    家でお父さんがゲームに熱中してたら、どんなにがんばっても子どももゲーム始めちゃいますよね。
    ただ、海外ドラマが大好きなので、HULUで海外ドラマを観まくっているため、
    お父さんが留守の時に、HULUでアンパンマンや、おそ松さんを長女がこっそり観てたりします(^^;)
    それは、それで問題のような気もしますが、、、。
    で、話は任天堂スイッチに戻ります。
    いつになく、任天堂スイッチ欲しいコールが続いています。
    どうやら、お友達が買ってもらったらしく、
    「一人では遊べへんねん」
    「2人とか、3人とか集まって遊べるねん」
    と、一人でゲームに没頭できないようになってると
    たぶん、間違った情報を強調しています。
    1人で遊べないTVゲームなんてあるかいっと、心の中で突っ込みつつ、
    実際に、任天堂スイッチってどんなゲームなのか調べてみました。
    買い与えるつもりはないけど、正しい商品情報を知らないままでは説得もできません。
    「任天堂スイッチ」の公式ページを見てみました。
    『カタチを変えてどこへでも』がコンセプトのようです。
    家の中だけじゃなく、外出先でも、モバイルで遊べるってことなのかな。
    オバチャン、そんなに必死にゲームせんでもええと思うのだけど。
    移動中なら、本読むとか。
    景色楽しむとか。
    ゲーム機って、ストレス社会を乗り切りためには、必要なのだろうか?
    長男の同級生が言っていた「一人ではできない」というのは、
    保護者がゲーム機の使用を制限できるシステムで、
    保護者向けの見守りアプリをダウンロードすることで、
    使用時間の制限や、ゲームの種類、SNSへの投稿の制限、
    1か月単位での使用レポートなどをスマホから管理できるようです。
    「任天堂スイッチ」が1台あれば、1人でどこでも遊べるほかに、
    コントローラーを切り離し、2人で対戦したり、
    さらに増設で、8人まで共有して遊べるそうです。
    オンラインで遊ぶことも、もちろん可能で、全世界の方々と繋がるとか。
    8人集まったらさ、
    缶蹴りとか、かくれんぼうとか、ドロジュンとか、フットサルとか、
    いっぱい遊べることはあるのにな。
    時代に逆行かもしれないけど、我が家はゲームを買いませんよー。
    子どもたちにも、
    何度でも、丁寧に我が家なりの方針を説明したいと思います。
    大人になってから遊べることは、大人になってからでもいいと思うよ。
    長男には、「サンタさんも、その子にとって本当にいいものしかプレゼントしないんやって」と言っておきました[るんるん]
    最後までお付き合いいただきありがとうございました

    スポンサーリンク
    リンク広告