最近のコメント

    絵本大好き

    シェアする

    長男が生まれてから、毎月絵本を購入しています。

    気がつけば300冊を超える絵本の数々・・・

    子どもの為と言いつつ、ワタシの一番の癒しともなっている絵本たちです。

    スポンサーリンク
    リンク広告

    なぜ絵本を借りるのでなく、買うのか

    自分自身が幼い頃、貧乏過ぎて絵本なんて家に全然無くって、お友達の家の本棚に並んだ絵本を借りて読む毎日でした。

    小学生になると図書館に行けば、たくさん本があって、借りて読めることを知り、わくわく通ったことが懐かしい思い出です。

    そんなことで、子どもができたら、いつでも手の届くところに、良質の本を並べてあげたいなぁというのが夢でした。

    そして、今や300冊にもなろうかという絵本の数々。

    何回も何回も同じ絵本を読むこともあれば、「お!こんなのを選んできたのか!」と驚かされることもあったり。

    絵本を図書館で借りるということも、もちろんあります。

    小学校に通うようになると、移動図書館の本を借りてきたり、学校の図書コーナーで借りてきたりもしてます。

    でも、家に絵本がいっぱいあれば、いつでも、何度でも読むことができます。

    ちょっと嫌なことがあったり、怖いことがあったり、子どもが落ち着かない時など、寝る前に読み聞かせをすることで、すっかり安心して眠りにつくこともあります。

    ワタシ自身の心が落ち着きます。

    服やカバンなどは、あんまりこだわりもなく、ブランド物にも全くと言っていいほど興味のないワタシですが、絵本だけは、ほんとに贅沢させてもらってます。

    まだまだ、絵本は増える予定です。

    いつの日か、絵本カフェでもできたらいいなぁと妄想中です( *´艸`)

    今後も、ブログでちょっとづつ、紹介していきたいと思います。

    今晩の読み聞かせは、
    「あおい玉、あかい玉、しろい玉」日本の昔話で、鬼婆が出てきて、小僧さんを追いかけてくるっていう怖いお話。

    ものすごく怖がりの長女ですが、なぜか、寝る前にこの本をチョイスすることが多いのが不思議。
    しかも、「めでたしめでたし」にたどり着くまでに、寝てしまうことも多々あります(笑)

    新潟の方言が、独特の世界観をもたらしてくれる絵本です。

    スポンサーリンク
    リンク広告