絵本

育児中のお母さんが読むと泣ける本

投稿日:2016年10月7日 更新日:

こんばんは。
台風が去って、ようやく秋らしい日となりました。
秋と言えば、読書。

つるの剛士さんが号泣した絵本に続いて、またまた育児中のお母さんが「泣ける絵本」の紹介です。

つるの剛士が号泣しながら読んだ絵本

2人目を妊娠したら上の子と読んで欲しい絵本

「あなたって ほんとに しあわせね!」(童話館出版)
作 キャスリーン・アンホールト  訳 星川菜津子

あらすじ

一人っ子だった「私」に、ある日弟ができます。
産まれたばかりの赤ちゃんとの生活がはじまり、「私」の生活も様々と変わっていきます。
上の子のとまどいや、かまって貰えない寂しさ、などがリアルにコミカルに描かれています。

読み進むうちに、二人目を妊娠、出産したころの事などを思い出して、涙が出てきました。
「ちょっとだけ」とも似ていますが、二人目妊娠中のお母さんが、ぜひ上の子と一緒に読んで欲しい1冊です。

赤ちゃんが産まれてくる期待と、お母さんを取られてしまうのでは?という複雑な心境の時に、膝に乗せてあげて、一緒に読んであげるといいんじゃないかなぁと。

涙腺ゆるゆるの、妊娠中だと号泣しちゃうかもしれませんが。

それでも、この時にしか流せない涙もあると思います。

この絵本のなかの「私」の成長ぶりは、最後幸せな気持ちにさせてくれます。
2人目妊娠中のお母さんへのプレゼントとしても、ぜひオススメです。

 

 

レクタングル大

レクタングル大

ランキングに参加しています

ランキングに参加してます

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

natsu

夫と子ども3人(幼稚園、小学生)、実母、猫と暮らしている40代後半主婦の『natsu』です。 小さな診療所で、医療事務パートに勤しんでます。 詳しいプロフィールはこちらから

-絵本
-

Copyright© サザエのつぶやき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.