最近のコメント

    つるの剛士が号泣しながら読んだ絵本

    シェアする

    今日、昼ご飯を食べながら観ていたヒルナンデスでのこと。
    昼ご飯を食べながらだったので、ちょっとウラ覚えですが(;’∀’)

    つるの剛士さんが都バスに乗って、都内をめぐるっていうコーナーがあり、
    絵本専門のお店に立ち寄って、おすすめの絵本を読み聞かせしてくれる場面がありました。
    絵本を読みながら、声を詰まらせられるシーンがっ!!
    思わず、もらい号泣してしまいました。

    スポンサーリンク
    リンク広告

    つるの剛士さんが号泣してしまった絵本

    ご飯食べながら、思わずもらい泣きしちゃいましたよ(´;ω;`)
    というか、絵本の内容そのものに、泣けました。

    きっと子育て中のお母さんは、ほとんどヤラレルはず。
    特に、二人目以降を育ててるお母さん、お父さん。
    涙腺やられます!

    そして、上の子に優しくなります!

    つるの剛士が号泣した絵本は、こちら↓

    紹介サイトより
    ” なっちゃんのおうちに、あかちゃんがやってきたのです。
     ママのスカートを「ちょっとだけ」つまんで、
     牛乳をコップにひとりで「ちょっとだけ」入れられて、
     ひとりで遊んだブランコだって「ちょっとだけ」ゆれて・・・。
     なっちゃんは、ちょっとずつちょっとずつ頑張って「おねえちゃん」になっている様です

    ダメだ・・・
    あらすじ読んでるだけで、うるうるきてしまいます。

    なぜ泣けるのか?2人目を出産してからのことを思い出した

    今思うと、2人目妊娠してる時、ちょっと不安になったりしました。
    上の子がかわいくて、かわいくて、赤ちゃん産まれたら可愛がれるんだろうか?とか。
    お腹のなかの赤ちゃんよりも、目の前の一人目の心配ばかりしてたような、、、。

    でも、妊娠7カ月くらいの時に夢に出てきたんです。
    お腹の中の子が!
    ものすごーく可愛い女の子で。
    その瞬間、お腹の中のヒトにも愛情がわいてきました。

    そして産まれたら、もう、大変でした。
    2歳になったばかりのお兄ちゃんと、生まれたばかりの赤ちゃん。

    まだまだ抱っこして欲しい時に、思いっきり抱っこできなかったなぁ。
    赤ちゃん産まれたら、本能的に母性が過剰に働くのか泣いてるお兄ちゃんに背中をむけて
    下の子に母乳与えてたこともあったなぁ(かなり反省)

    ほんと、様々、思い出しました。

    切なすぎるっ。

    そして、昼のラーメンと一緒に涙と鼻水をすすっていました。
    昼時は、やめてほしいわ(笑)

    この絵本、子どもに読んでと言われたら要注意ですよ~!!

    「上の子がかわいくない症候群」なんてこともあるそうですが、ぜひ2人目以降妊娠中のお母さんに読んでいただきたい絵本です。

    妊娠中に、上のお子さんとぜひ読んで欲しいおススメの絵本

    2人目さん以降の妊娠中に、ぜひ上のお子さんと一緒に読んで欲しい絵本があります。

    お腹の中の赤ちゃんがどんな風に外の世界を見ているか想像しながら読んでみたら、きっとワクワクしますよ。

    お腹の中の赤ちゃんにも、お母さんの優しい声が聴こえてきて、お兄ちゃんやお姉ちゃんの楽しみにしている様子も聴こえてきて、胎教にもきっといいだろうなぁと思います。

    涙腺モロクなってる妊婦さんには、涙をこらえるのが大変かもしれませんが、家族みんながあったかい気持ちになること間違いなしです!

    スポンサーリンク
    リンク広告