最近のコメント

    赤ちゃんの絵本

    シェアする

    長男がまだハイハイも出来ない頃から、絵本を読み聞かせしています。

    最初は、まったく興味を示さなかった絵本でしたが、自分が楽しめる範囲で読み聞かせを続けているうちに少しづつ興味を持ち出すようになってきました。

    スポンサーリンク
    リンク広告

    自分から手を出してきた本

    そして、自分から手を出すようになってきた絵本は

    「じゃあじゃあびりびり」

    赤い色は、赤ちゃんの興味を引きやすい色だとか。
    原色で彩られた、赤ちゃん絵本の定番です。

    さすがに、うまくできていて絵と言葉の長さのバランスが絶妙です。

    電車好きのわが子のお気に入りは
    「ふみきり かんかんかんかん」のフレーズでした。

    赤ちゃんの頃に、読み聞かせてて、もう一つ大好きだったのが
    「はりねずみかあさん」

    大好きなお母さんねずみが、一生懸命子どもたちのためにリンゴを取ってきてくれるお話。
    何回も何回も読んだ絵本の一冊です。

    赤ちゃんの頃の絵本は、絵と文字のバランスが大事です。

    文字は少なく、リズムのいい言葉や、単純なフレーズの繰り返しが心地よく響いてくれるのだと思います。

    そして、紹介している2冊の絵本はどちらも冊子が破れないタイプの絵本なので、少々噛んじゃっても、放り投げても大丈夫です(*”▽”)

    赤ちゃんの手の届くところに置いて、いつでも手に取って持ってこれるようにしてほしいです。



    スポンサーリンク
    リンク広告