最近のコメント

    我が家が外壁の「そとん壁」にこだわった理由

    シェアする

    暖かくなってきました。

    建築中のお家の外壁ができてました(*”▽”)

    家を建てるにあたり、一番のこだわりとも言えるのが「外壁」でした。

    スポンサーリンク
    リンク広告

    外壁材に「そとん壁」をこだわった理由

    年明けから始まっている、家の新築工事ですが、
    ようやく外壁が仕上がっていました。

    外壁材は、旦那がこだわった「白州そとん壁」です。

    この「白州そとん壁」にしたいがために、工務店を決めたといっても過言ではないくらい、思い入れのある壁です。

    白州そとん壁とは、なんぞや?という方のために・・・

    • 100%自然素材なのに完全防水。シラスの特性を活かした二層構造で雨水の浸入をシャットアウト!!
    • 厳しい自然環境にも劣化しない高耐久性。退色・劣化がおきにくいから、建物の維持管理が軽減できます。
    • 本物ならではの際立つ質感。他の素材では決して真似のできない生命力溢れるデザイン性。
    • 下塗り材でしっかり防水しながら上塗り材がたっぷり保水。壁面からの気化熱作用で建物を冷やす涼感空調システム「クルクール」を設置すれば、地球環境保護にもさらに大きく貢献します。

    引用:メーカーサイト 高千穂シラス(株)より

    健康的な生活を目指して、色んな住宅を見学し、建築関係の本を読みあさり、辿り着いたのが「白州そとん壁」でした。

    自然素材溢れる家で、尚且つ、コストパフォーマンスも高い外壁!

    夏の暑い時も、外壁に水をかけるだけで「気化熱」により、京都の夏の暑苦しい熱帯夜も心地よく乗り切ることができました。

    予算的には、少し厳しかったのですが、ここだけは譲れませんでした。

    これから家を建てたいと思っている方には、強くおススメします。

    家が呼吸できるんです!

    マンションの結露とカビに悩まされていた日々から、やっと解放されるヽ(^o^)丿

    風致規制の厳しい京都の建築でも、「そとん壁」は使えるの?

    風致の厳しい京都での新築工事ですが、この「そとん壁」の色味も厳しく吟味されました。
    ありがたいことに、白州そとん壁には、9色のカラーバリエーションがあり、仕上げ方のパターンも7種類ほどあります。

    おかげで、規制を無事通過できました。

    他にも色々と規制が厳しいので、建築許可をもらうのが本当に一苦労でした。
    ま、特に奇抜な家を建てたいわけではないのですが(;´・ω・)

    屋根には、瓦を使わなければならないとか、色々と規制をクリアするために少しづつコストが掛かっちゃう。


    そんなんで、かなり狭小住宅です(笑)

    注文住宅のコストダウンは、建坪を見直す

    建坪減らすしか、節約しようがなかった!!

    でも小さくても、質の良い家に住みたいのが第一希望だったので、大満足です。

    どのみち、子どもたちが巣立っていけば夫婦二人になりますもんね。 (巣立つ前提です、、、)

    収納スペースは、たくさん確保していただいたので、部屋数は少なくても、自然素材に囲まれて心地よい空気感の家ができたと自負しています。

    ワタシが建てたわけではないですがw

    今後の引っ越しを考えるとウツですが、荷造りとか、整理とか、ゴミ出しとかとか
    身ひとつで引っ越したいよーーーーー。

    今は、希望のペレットストーブを導入できるかどうかの瀬戸際です。
    こういうの↓

    【トヨトミ ペレットストーブ】M55C

    予算が、、、、、。
    とりあえず、生活必需品から優先的に用意することになるのですが。
    鍵を無事にいただける日までは、気が抜けない日が続いております。

    スポンサーリンク
    リンク広告