最近のコメント

    無垢の栗材の床は、冷たくて気持ちいいです

    シェアする

    今日の京都は、真夏日です。
    道路の温度表示が34℃。
    5月なのに、34℃です。
    高気密高断熱のお家なので、まだクーラーなしで過ごせてます。
    IMAG5288.jpg
    栗の木のフローリングが気持ちいいです^^

    スポンサーリンク
    リンク広告

    無垢の床材に選んだ材木は?

    当初の床の材木は、杉の予定でした。

    が、途中で「いい栗の木が手に入りました!」という工務店さんの一声で、栗の木に変更。
    鉄道の枕木にも使われる木材らしく、非常に強いとのこと。

    木が固いと、その分ヒンヤリ感が増すようなんですが、傷のつきにくい床材には魅力を感じ、冬のことは考えず(^^;)栗の木に決定しました。

    何より、電車好きの長男が「枕木?!」と大喜び。

    猫が爪とぎをすることもないように、との工務店さんの配慮もあったようです。
    (半年住んでも猫は、爪を研ぎません!栗、最高です)

    ヒンヤリ感といっても、無垢材の温かみは十分感じることができます。
    素足が心地よいです。

    もう、床に何にも置きたくなーーーーーい!ってくらい、気持ちいいです。
    床にへばりついて、お昼寝してますw
    無垢、最高ヽ(^o^)丿

    我が家の引っ越しは大きな家具類や、当面の日常品だけ運んでもらいましたが、まだまだ、全部は引っ越せてません(;’∀’)

    収納スペースは、以前のマンションに比べて、たくさん作ってもらいました。
    が、如何せん片付け下手。

    どこに、何を収納していくのか、まだまだ決まってません。

    朝から晩まで、上行ったり、下行ったりとなかなかの運動量です。
    (痩せる?!)

    子どものオモチャも、半分以上は前のマンションに残ったままです。
    本当に、必要なモノだけを運びこみたい。

    レッツ、強制断捨離♪

    床にモノを置かないぞ~!!
    がんばります。

    スポンサーリンク
    リンク広告