子どもの病気

夏風邪で二峰性発熱だそうです

投稿日:2016年6月25日 更新日:

一昨日から発熱中の末っ子。
診断は「夏風邪」ということで、去痰剤中心のお薬をいただいています。
昨日の夕方には、一旦37度台に解熱したのですが、夜中またまた39℃台に戻りました~[もうやだ~(悲しい顔)]
お薬はまだあるのですが、今朝も小児科を再受診。


先生「二峰性発熱やなぁ」と。
「日本製??」と聞き間違えた私。
新しい病気か何かかと、帰ってからググってみました。
グーグル先生は、すごいですね。
「にほんせいはつねつ」と検索したら、ちゃんと「二峰性発熱(にほうせいはつねつ)」というのが出てきました。
「二峰性発熱」
インフルエンザとかで、一旦解熱したのに、再び熱が上がるような発熱を言うようで、
他にも、麻疹や、夏風邪でもそういった発熱の仕方はあるようです。
へー。
でも、二峰性でも、日本製でもどっちでもええねんけど、早よ治って~[たらーっ(汗)]
39℃超えてても、本人いたって元気なんですけどね。
「ようちえんいきたい~[どんっ(衝撃)]」と、ゴネテます。
今日の再診では、追加で漢方薬「小青龍湯」を処方していただきました。
これで、早く良くなっておくれ~。

レクタングル大

レクタングル大

ランキングに参加しています

ランキングに参加してます

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

natsu

夫と子ども3人(幼稚園、小学生)、実母、猫と暮らしている40代後半主婦の『natsu』です。 小さな診療所で、医療事務パートに勤しんでます。 詳しいプロフィールはこちらから

-子どもの病気
-

Copyright© サザエのつぶやき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.