子どもの病気

麻しん(はしか)流行ってきてます

投稿日:2017年3月30日 更新日:

今週、医師会からの注意喚起FAXが届きました。
「麻疹患者の発生について」

何日か前にも、北海道で麻疹を発症した方の報告が届いていました。
公共交通機関の職員の方ということもあり、結構な人数の方と接触されてます。

その後に届いたのは、山形と高松での感染報告でした。
中には、感染者を診察したお医者さんもおられました。
すごい、感染力です。

風疹、麻しんの抗体を持っていない方はか
要注意ですよーー。

でも、最初の症状は、鼻水、咳、発熱といったところで、
風邪と区別がつかないのでやっかいなのですよね。

3日目以降に、口の中の頬に白い斑点が現れてきます。
いわゆる、コプリック斑っていうやつです。
コプリック斑が確認できて、はしかと診断されます。

予防法は、予防接種しかないのが現状のようです。
私は小さいころに、罹っていたので生涯免疫となっていますが、
予防接種のみで大きくなった方は、大学生あたりで免疫力が弱くなるようです。

はしかの感染力は凄まじく、一人の感染者が出たら、空気感染で免疫力のない赤ちゃんや
予防接種の回数が少ない方などは、免疫力が弱くて感染しやすいようです。
妊娠初期に感染すると胎児に影響があるようですので、
これから妊娠を考えておられる方は、配偶者の方や同居家族のかたの抗体を調べておかれる、または手っ取り早く予防接種をされることをおススメします。

 

レクタングル大

レクタングル大

ランキングに参加しています

ランキングに参加してます

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

natsu

夫と子ども3人(幼稚園、小学生)、実母、猫と暮らしている40代後半主婦の『natsu』です。 小さな診療所で、医療事務パートに勤しんでます。 詳しいプロフィールはこちらから

-子どもの病気
-

Copyright© サザエのつぶやき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.